kiteate

kiteate お手あての木具

kiteate

「お手あて」 古代薬のない時代、患部に手を当て痛みを和らげ体の力を引き出すこと。

人には自分で病を治す力がある。また野に生える野草を体の不調に合わせ摂取しそれは薬草となり、自然発酵したものを発酵食品として食し、自然と微生物と共存してきました。
しかし現代は化学薬品、無機質なプラスチックなどがあふれ、大量生産・大量廃棄することにより地球環境も人の健康寿命もおびやかされています。

⽊の道具はプラスチックと違い、⽣きて呼吸しています。

免疫力を⾼め⼀⽣ものの⾷養⽣の知恵が詰まった「やまと薬膳」のお⾷事は、解毒できるからだに整えてくれるお⼿当てのようです。
「箱屋常吉」の⽣み出す⽇本の森林資源を⽣かした上質な⽊の道具たちは、⾷という命の糧を⼤切に保存し守ってくれる森と⾋のコラボレーションです。

土に還る木の道具、免疫力を高めからだを整える木の道具、自然というお手あて。

お手あての木具 kiteate

Collaboration By

箱屋常吉

へその緒から棺桶まで。あなたはいくつの「箱」を開けますか?
この地球にはさまざまな『箱』がある。
自然という大きな『箱』の中で皆暮らしている。お家も『箱』、身体も『箱』、心という『宝箱』に喜怒哀楽さまざまな感情を抱き生きている。
人間もモノも最後は土に還る。無機質のモノではなく、命あるモノを大切に使う。
江戸時代の先人の生活を今一度見直して、日常の吉に気づきていねいに暮らす。その暮らしの木の道具作り、箱の中にはたくさんの夢や想いが詰まっている。個性豊かな木や、人の背景が見えるワクワクするような箱づくりを続けたい。私たちは「箱屋」。そして「森と心の守り人」です。

やまと薬膳

やまと薬膳は、日本の風土・環境のもとで体を養い生命を強化していくための食生活の研究と提案をしています。食は体にとって薬であり、真の薬は食であり、薬という文字は「艸(くさかんむり)」に「楽」と記されるとおり、草のもとでからだを整え楽にし、食事のみならず生活の彩りとしても楽しめることを示しています。実際、地上に生える草たちは、動物たちの養いと生命維持に役立つ薬となっています。
人間においても、先人たちが命懸けで人間にとっての薬の分別をしてきました。私たちはその恩恵を引継ぎ、さらに現代から未来へと新たな適応性を構築していかねばならないと思います。
日本のみならず世界のどこにおいても、暮らす土地に適応する食の選択や判断力を身につけていけるよう「オオニシ恭子の食の方程式」を持って世界へも発信していきたい。

(左)五代目箱屋常吉 笹井雅生
(右)やまと薬膳主宰 オオニシ恭子

薬膳料理研究40年、オオニシ恭⼦先⽣監修。⽇々の調理から⽣まれた「こだわりの逸品」たち。

「そうそう、これが欲しかったのよ!」。かゆいところに⼿が届く、オオニシ先⽣ならではの機能性とデザインへのこだわりが詰まったkiteate。

例えば⾃在押し箱は全型サイズの海苔にぴったりで、驚くほど簡単に軍艦巻きや押し寿司、巻き寿司を作ることができます。お⼦さんの軽⾷やお寿司好きの外国⼈にも⼤⼈気です。

他にも、すり鉢とおたまが合体した味噌おたま、お鍋の上や台所の隙間に便利な満⽉まな板など全7種類。料理下⼿でも効率よく⼿軽にできる、暮らしに寄り添う⽊の道具です。

kiteate (お手あての木具)の商品一覧へ >>