こだわりの素材

吉野杉

日本三大人工美林の「吉野杉」、その歴史は500年にもさかのぼる室町時代から「吉野式」と呼ばれる独特のスタイルで育てられています。苗木はこの土壌に合った吉野の大木から種を取り、実生から育てて山に植えられます。もっとも特徴的なのは「密植多間伐」という植林方法であり1ヘクタール当たりに1万本(1m間隔)という通常の二倍程度で苗木を植えます。このように高密に植えることによってスギの苗木どうしが競争して真っすぐ育ちます。

百年杉

植林の歴史が古い吉野杉は、100年200年以上の樹齢の原木が多いのが特徴です。吉野にはその山を守る「山守」という職業があります。七代目山守・中井章太氏は、山への感謝、木という命あるものに感謝、先人の思いと技術に感謝と、一本一本の木に向き合っている山守です。

七代目山守・中井章太氏
七代目山守・中井章太氏

常吉はそんな大切に育てられた杉を余すことなく丁寧に加工し製品にしています。 山も箱屋も先人からの思いと技術に感謝し、次へと継承していくことが「木の国、日本」を守ることだと考えます。