伝統の職人技

大阪町工場の手仕事

職人による手仕事

創業当時から杉箱を手掛けてきた常吉は、今もなお自然素材にこだわり杉を活かす無垢で無塗装の製品づくりを貫いております。受け継いだ技術と国産杉を最大限に活かすため、一つひとつ丁寧に、国内加工、製造を一貫して行っております。たくさんのものが溢れ、どんどん消費されていくこの現代で、伝統と技を継承した職人が“使い込むほど愛着の沸く”、そんなものづくりをこの大阪で続けていきたいと考えています。

職人の伝統技

杉の風情あるカタチ

杉材は表面を焼くことで木目が際立ち、炭素化して雨に強くなリます。昭和の時代までは家屋の板塀として活用されてきた先人の知恵とデザインです。TSUNEKICHIはその手法をお弁当箱に応用し、無塗装ならではの木目に自然の風合いと彩を付加し先人の技術と新しいデザイン感覚を融合し、風情あるカタチを生み出しています。

杉材の焼成